2018年12月25日(火)


ツイン統計波

○保有銘柄
JT:2757.5S→2595TS(+5.89%)
任天堂:29025S→28080TS(+3.26%)
ファナック:16500S→15945TS(+3.36%)

トレード数:32 利食い:12 勝率:40.00%
収支:+21.15%(月率+10.57%)

○今日のエントリー
・代金1位:トヨタ

・代金2位:SUMCO

・統計残:63+1(再)+26(新規)=90(買い1)

※売買ルールはこちら

※日経平均はダウが2日で大暴落で大暴落。全面安。しかし、明らかに売られ過ぎ。今日のダウ休場がどう出るか。あと、このブログのルールではトヨタとSUMCO空売りとなっているが、今月はここで止めておき、この2銘柄はスルーした方がいい。いつ踏み上げられるか分からない状態。このルールでは月+25%を超えたら利益積み上がり過ぎと判断しているが、今月は今日までにしておいた方が良い。短期的には、いつ暴騰してもおかしくない。が、中長期的に見たら、16000円位まで落としてもおかしくない。

※なお、「金曜日に、このブログには売られ過ぎって書いてあったやないか!」とか言われても困ります。もしもある程度のPV数があるサイトだったら、具体的な銘柄名を出すことは絶対できんわなと思う。色々と恐過ぎる。とにかく大事なのは資金管理、これに尽きる。

※統計残の空売り数が50を基準に売られ過ぎかどうかを判断しているのだが、過去の統計を見ると……。
・2015年8月24日(57)→8月25日(エントリー 65)→上昇
・2016年1月は残念ながらデータがない(この時期は統計ストライキしてた お陰で統計のありがたみを知れた)。
・2016年2月9日(53)→2月10日(エントリー 67)→2月12日(更に暴落 98)→上昇
・2018年10月25日(61)→10月26日(エントリー 61)→10月29日(下落 45)→上昇
・2018年12月20日(53)→12月21日(エントリー 63)→12月25日(更に暴落 89)→?

・CMBトレード塾のブッコミ100をパクったこのルールは勘違いされやすいから補足しておくと、日経平均が暴落してないときには機能しない。日経平均に対する買戻しが入ることを期待して、日経平均と同時に下げてる銘柄を買う。だから、日経平均が特に下げてないのに、スルガ銀行や杉村倉庫みたいに暴落してる銘柄を同じように買っても機能しない。むしろ、逆張り買いは、日経平均が下げてるとき以外にするのはリスクしかないと個人的には思う。逆張りの王道は買われ過ぎの個別銘柄に対する空売りであり、売られ過ぎの個別銘柄への買いはリスクがでかいと思う。