2018年6月 トレード歴76ヶ月(年金と金融教育について、「未来の年表」)

2018年6月

※2018年6月当時の売買日記を読みながら作成(図も当時のものをそのまま転載)。

○6月7日
・前日に、逆張り空売りしてた東海カーボンがLCになるも、再エントリー条件を外れたためエントリー終了。この日、-10%以上暴落した。
※こういうこともいくらでもある。見通しは良くてもルールが合わないと取れない。全てに完璧にフィットするルールなんてもんはない。条件を拡大すると、取れる分も増えるが、騙しによる損切りも増える。よく、テクニカルの説明などでは、MACDは移動平均線より早めにサインが出るから値幅を多く取れると言われる。だが、それは騙しによる損切りも増えるためトータルでは変わらないことを意味する。

・6月に取れたのはこういうの。

・寄付き、終値エントリーのルールだけであるため、仕事時間の中心がトレードコンテンツの作成になり始めた。

※売買日記を見直してみると、デイトレでもスイングでも、どのようなルールであれルールを固定して続けるってことがいかに大事かが分かってくる。

 

年金と金融教育について

平均寿命が一貫して伸びているのは、先進国に共通のトレンドであり、これからも一貫して伸びることが確実であることから「人生100年時代」と言われています。

65歳で強制退職となる既存の仕事と年金だけではとても老後は乗り切れそうにないため、死ぬまでできる好きな仕事を確立することや金融リテラシーを身に付ける重要性が増しているわけです。

それでは、人生100年時代において、年金はどのように活用するのがベターでしょうか?

まず、現行の年金制度では、65歳から受給開始できる他、60歳から繰り上げ、70歳まで繰り下げが選べます。

70歳から繰り下げ受給すると、年金の受け取り額が42%増えます。損益分岐点は81.90歳であり、82歳以上まで生きる場合は70歳繰り下げ受給が最も合理的となります。

2015年の完全生命表によると、82歳以上まで生存する確率は、男は56.31%、女は76.83%になってます。

これからの時代は平均寿命・健康寿命が伸びることはあっても縮むことはありません。
※ちなみに、1997年の完全生命表では、82歳以上まで生存する確率は、男は40.92%、女は64.16%でした。

つまり、確率統計的に考えると、年金は繰り下げ受給するのが最も合理的です。

それでは、現在、日本人で年金の繰り下げ受給制度を活用している人はどの位いるでしょうか?なんと1.4%しかいません。

健康問題などで仕方なく年金の受給を早くせざるを得なかった人もいるとはいえ、さすがに低すぎです。

一番合理的なのは、年金の繰り下げ受給を選択しておいて、それまでは仕事かストックを切り崩すかして生活して、ストックが一定以下になったら時点で年金を受給するようにすることです。

死ぬまで使わないお金を貯め込むんだったら、ストックを活用して死ぬまで貰える年金のフローを増やすべきです。

多くの人は「70歳繰り下げにして、その前に死んだら勿体ないじゃないか!」と言います。

しかし、そもそも年金は長生きした場合の保険なんだから、それは仕方ないのです。少なくとも、年金は生命保険に比べたら圧倒的に割の良い金融商品です。

長生きした場合の保険である年金が貰えなくて怒る人は多いのに、早死にした場合の保険である生命保険が貰えなくて怒る人がほとんどいないのは不思議です。

年金が超優良金融商品である理由は、税金で半分補填されているからです。民間でこんな超優良金融商品を提供するのは絶対に不可能でしょう。

国民年金だけなら年金は月額6万5000円になります。税金で半分補填していてこの額になるため、もしも税金で補填してなかったら月額3万2500円になります。

こうなったら、年金を払うのがさすがに馬鹿馬鹿しくなってきます。

しかし、日本の年金は賦課方式であるため、年金を払うことを非合理的にしてしまうと年金を払う人がいなくなってしまい、日本社会全体が崩壊してしまいます。

このため、税金から年金への補填をやめることは絶対にできません。これが、年金が超優良金融商品である背景です。

それでは、なぜそんな超優良金融商品である年金にはネガティブな風潮が蔓延しているのでしょうか?

それは、日本の金融村が非常に優秀だからです。

年金への不信感が高まって一番得するのは、銀行・証券・保険の金融村です。

実はここに、日本で金融教育が広まらない最大の理由があります。

日本で金融教育を推進しているポジションを独占しているのは、まさに銀行・証券・保険といった金融村の人達です。

この人達は、日本人の金融リテラシーが高まると損をします。つまり……。

本格的な金融教育を広めないために金融教育を推進するポジションを独占しているんだから、最高のポジションを取っていると言えます。

この構造がある限り、日本人の金融リテラシーが上がることは絶対にあり得ないでしょう。

今回は年金について書いてきましたが、これからの時代は老後にお金が足りなくなることより、老後の時間が使いきれなくなることの方が大問題になってくると私は思います。

常に大事なのは、「明日、死ぬことになったとしても後悔しないように、今を生きる」ことだと思います。

やりたいことを全て我慢してお金だけ貯めて、死ぬときになって後悔する生き方だけは絶対に避けましょう。

~追記~

厚生労働省では、75歳まで繰り下げ受給できるようにすることを検討しており、その場合は受け取り額を2倍にする方向で検討しているとのことです。

仮に、75歳繰り下げで年金の受け取り額が+100%になるとすれば、損益分岐点は82.24歳となります。

国民年金だけの場合は繰り下げ受給が有利になりますが、厚生年金や国民年金基金に入っている場合はそう単純にはいきません。

年金所得は雑所得に分類されて、65歳以上の控除額は120万円となります。国民年金の場合は繰り下げ受給で2倍になっても、控除額と基礎控除で所得税をゼロにできてかつ健康保険料にも影響はありません。

しかし、厚生年金や国民年金基金に入っていて受給額が2倍になると、所得税が差し引かれかつ、健康保険料にも影響を及ぼします。

恐らく、厚生労働省の狙いは、入ってくる額を大きく見せた上で、気付かれにくい健康保険料で天引きすることにあると思います。

こういう基本的な税制についてすぐに調べられるように、「FP3級の教科書」を手元に置いておくことをおすすめします。

 

 

書評:「未来の年表」


これからの日本で起こるであろう大きな変化としては、人類の歴史上未曾有の出来事である人口減少と平均寿命の伸びの2つが挙げられます。

本書は、日本で起こる人口減少を押さえておくためには必読の一冊です。

昭和的価値観を持った人達は若い人達の中にもたくさんいますが、時代は確実に変化しています。

時代の変化に適応しようとせずに古い価値観や常識を持ったままでいると、生きづらさが倍増することは必至です。

年金の受給にしても、まだ平均寿命・健康寿命が今ほど伸びていなかった昭和の時代には、繰り下げ受給は非合理的でした。

しかし、時代の変化とともに、合理的な選択が非合理になり、非合理な選択が合理的へと変わりました。

また、昭和から変わらない価値観の一つに、持ち家志向が挙げられます。

既に空き家が増大しているにも関わらず新築物件は増えており、その一方で人口減少によって需要は減少します。

住宅価格が上昇していた昭和ならともかく、需要と供給から考えると、マイホームをローンを組んで建てるのは非合理的だと言わざるを得ません。

※私は、日本で新築物件が乱立するのは、中古住宅市場が整備されてないことが要因だと思います。日本人の新築信仰は揶揄されることが多いですが、中古住宅市場が整備されておらず、ぼったくり中古住宅しかない以上、仕方がない面もあるのです。

トレーダーの場合は、ローンを組む・組めない以前に、投資資金をマイホームの頭金に使うのは強みを削ぐ行為に他なりません。

仮に住宅を買うとしても、キャッシュ一括で、最大でも投資資金の30%までに留めておくべきです。3000万の家を買うとしたら、最低でもストックが1億円になってから。

 

2018年5月 トレード歴75ヶ月(トレードライターになって分かったこと2、「Learn Better」)

2018年5月

※2018年5月当時の売買日記を読みながら作成(図も当時のものをそのまま転載)。

○5月1日
・基本的にIPO銘柄は手掛けないんだが、これは例外的にデイトレ。さすがに下げ過ぎ。

○5月9日
・あるルールで、レノバがLCラッシュになったことから、このルールにも再エントリーの回数制限を設けた方がいいんじゃね?と。この1年で検証してみたら、10%以上上昇した17銘柄中、16銘柄が再エントリー1回以内となっていた。このことから、再エントリーの部分が変更となった。
※2月の杉村倉庫のときも検討されてたが、そのときは「値付かずのストップ安があったら駄目とされていた」。
※「これはどうして今まで気付かなかったのか。結構衝撃的なデータとなった。パターン3は再エントリー1回以内からほとんどの場合上昇している」
※注:こういうことはルールを運用していればいくらでも出てきます。

○5月10日
・再エントリーをやめた途端に、レノバが暴騰した。ワロス。だが、ルール的・確率統計的にこれは見送りが正解。

・この月に他に取れてたのはこれ。

 

トレードライターになって分かったこと2

ライティングの仕事でデイトレに関する記事を書くことになったときに、私の長年の疑問が氷解しました。

以前から、大手投資サイトなどには、「この銘柄で板読みをするだけで、そんなに利益が出るんか?ボラが圧倒的に足りなくないか?」と疑問に思う記事がたくさんありました。

もちろん、そんな甘い話があるわけがないんですが。

もしも、そんな簡単に板読みで1日1万円の利益が出せたら、日本に100万人いるとされる高齢引きこもりの問題は解決されてしまいます。

しかし、大手サイトだったことから、「スゲーな……。世の中にはこんなシンプルな板読みで利益を出せる人がいるんだもんな……」と私は思っていました。

ところが、自分自身がライティングをやってみて分かりました。

ああいう記事は、最初に結論ありきでライターが書いていたのです。

「株で1日1万円稼げる方法を記事にしたらPVが稼げるだろう」というコンセプトで、ライターに記事が依頼されます。ライターは文字数を埋めるために、適当にネット上のデイトレや板読みの記事を漁ってきてコンテンツを作ります。結果、誰も検証しない結論だけは立派なゴミがネット上に量産されていたのです。

そりゃあ、デイトレが益々難しくなるわけです。ネット上でこんなトラップが量産されている背景に気付けるわけがありません。

ちなみに、私はデイトレの最も基本的な形は、日足で見て翌日に陽線になりそうな銘柄を、翌日の寄り付きで入って5分足でトレードすることだと思います。

このデイトレの基本が最初から示されていたら、私のデイトレの上達速度がもうちょっと上がったかなと思います。

今や、多くのアフィサイトで素人のライターが書いた未検証のデイトレに関する記事が溢れています。

また、ネット上の株式投資コンテンツが有害だと思う理由の一つに、天才トレーダーにしかスポットが当たらないことが挙げられると思います。

これにも、ちゃんと背景があります。

私もいくつか仕事を引き受けたことがあるのですが、カリスマトレーダーや株で利益を挙げている人に関する記事を書く場合、既に有名な人について調べるのは圧倒的に楽なのです。

そのため、10万円を1億円にしたとか、再現性の小さいスーパートレーダーにばかりスポットが当たることになります。

そしてまた、多くの日本人は、投資には宝くじやパチンコ、競馬のようなリターンしか求めていません。

この点で、需要と供給が見事に合致しているのです。

仮想通貨やIPO投機の盛り上がりを見ると、日本人はエコノミックアニマルと揶揄されても仕方ないんじゃないかと思うことがあります。

私のような投機家はともかく、日本で本格的な金融教育を導入しようと頑張っている人達は、この日本人の現実に絶望していると思います。

今後、日本から少数の天才投資家やトレーダーが生まれることはあっても、全体の金融リテラシーが上がることはないと断言できます。

ちなみに、私がおすすめするのは、素人は一切株をやらないこと。……というのはさすがに寂しいんで、日経平均が大暴落して売られ過ぎになったときだけ出動するのがいいと思います。

 

書評:「Learn Better」


あらゆる物事の効率的な学習法について、科学的なエビデンスに基づいて書かれた本です。「上達の法則」を分厚くして、より具体的な方法論にスポットを当てた内容となっています。

トレードスキルを向上させる最も確かな方法は、売買日記を書いて見直すことに尽きます。

私の場合は、売買日記を見直してトレード史としてまとめ、その内容をこのサイトにトレード日記という形て書き残しておくのも大きな効果を実感しています。

また、私は売買日記を書いたら、その日の内容を再考するために1時間ほど散歩に出掛け、ついでにスーパーで翌日の昼食などを調達してくることが習慣になっています。

また、順張りのスイングトレードしか手掛けていなかったものが、逆張りやデイトレも手掛けるようになったことで、順張りについてより深い学びを得られるようにもなりました。

一つのルールだけを手掛けるのではなく、順張り・逆張り、デイトレ・スイングトレード、買い・空売りと逆方向のルールも手掛けることでより大きな学びを得ることができます。

このような具体的な学びの方法論も重要ですが、何よりも学習の質を上げるのはモチベーションです。

学ぶ目的、スキルを身に付ける目的がなければ、いくら効率的な方法論を実行しても深い学びにはなりません。

学びのモチベーションは、「それを学ぶことは、自分の人生においてどのような意味があるだろうか?」という主観的価値に裏付けされます。

トレードスキルを身に付けるとしても、「トレーダーとしての経験を積むことは自分の人生にどんな意味があるだろうか?」「トレードスキルを身に付けると、どんな未来に繋がっているだろうか?」を考えたときに、明確な意味や価値を見出だせていること(=ワクワクすること)が重要になります。

トレードスキルを身に付けることになろうがならまいが、「自分自身の人生において、トレードスキルを身に付ける意味はなんだろうか?」と熟考するのは重要なことです。

そして、私が思うに、トレードスキルを身に付けるべき人はあまり多くはないと思います。

よく言われる「老後資金のために資産運用云々」にしても、トレードスキルを身に付けるより、75歳まで好きな仕事をする方が確実です。

ちなみに、私にとって株式トレードは「一人の世界でできる仕事」であり「コンテンツ制作の時間が取れる仕事」であり「勉強で専門スキルを磨ける道」だったことなどが、トレードスキルを身に付ける大きな意味や価値でした。

 

2018年4月 トレード歴74ヶ月(トレードライターになって分かったこと、「AI vs.教科書が読めない子どもたち」)

2018年4月

※2018年4月当時の売買日記を読みながら作成(図も当時のものをそのまま転載)。

○4月26日
・ブログで公開していたルールについて、200円以下の低位株で3年分検証してみたら、3ティックLCだろうが2ティックLCだろうが横ばいとなっていたことが発覚した。

・デイトレで取れていたものを都合よく載せると以下の通り。

 

トレードライターになって分かったこと

私は、株式投資ライターの仕事をするようになってから1年になりますが、この仕事の内容そのものが私のトレードに影響したことは完全に0です。

株式投資記事の作成という楽しくて仕方ない仕事で生活費を賄えることになったことは、トレードに多大なる好影響を及ぼしました。

しかし、株式投資ライティングそのものの体験が、トレードに与えた影響は完全に0であると言えます。

私がトレードで改善や新しい閃きが生まれるのは、統計を取ったり検証をしているときだけです。

私はトレードライターの仕事を請け負うことになり、「へー、こういう情報サイトがあるんだねえ」とか「こんなテーマ株があるんだねえ」とか「この銘柄は1年でこんなに上がってたんだねえ」とか、株式市場に関する知識や教養がたくさん増えました。

しかし、株式市場で利益を出すことに繋がる知識は何一つとして得られませんでした。

つまり、トレーダーがトレードライターになるのは難しくなくても、トレードライターがトレーダーになるのは絶対に不可能だと言えます。

トレードで利益を出すために必要なことは、売買日記や統計の検証です。また、確率統計思考(大数の法則)や規律です。

これらは、情報収集だけで学ぶことは絶対にできませんし、実践を継続しなくては身に付くことは絶対にありません。

また、このような玄人向けのコンテンツは求められていません。誰もググりません。

これは「売買日記の書き方」でググると、SEO対策をしてない趣味で作った当サイトがトップに来ることからも明らかです。

必然的に、ネット上に溢れる株に関するコンテンツは素人受けするものになるわけです。

少なくとも、今や株式投資に関することをググればググるほど馬鹿になる時代になってると言えます。

私は、株式投資のライティングを通して、株式市場の教養を学べるのが楽しくて仕方ありません。読み手の方にも、株式投資の教養がなるべく伝わるように努力しています。ただ、読み手がその記事を読んで利益を出せるようになるとは全く想定していません。

株式投資で利益を出すための情報としては、毎日15PV程度のトレード日記に書いてある情報が、私が作ってるコンテンツの中では間違いなく一番クオリティーが高いです。

 

書評:「AI vs.教科書が読めない子どもたち」

私が2018年に読んだ本では、この本とcisさんの本の二冊がトレーダー必読の本として挙げられます。

AIの登場はトレーダーとしても気になることですが、この本にはAIの現状について開発者視点で書かれています。また、確率の話が所々に出てくるため確率の本としても読めます。

現行のAIはビッグデータによる統計的手法(ディープラーニング)でデータ解析・処理を行っているため、AIは意味判断や価値判断をすることができないというのが要旨です。

私は、ゲーム攻略サイトを運営しているのでよく分かりますが、世界最強のAIであるGoogleの検索エンジンは意味判断や価値判断ができていないのは明らかです。

Googleの検索エンジンは供給量の少ないコンテンツを探し出すことに掛けては素晴らしい力を発揮しますが、供給量の多いコンテンツでは単に分量が多いだけのアフィサイトに騙されています。

これは、現行のAIが統計的手法によってデータ解析をしている何よりの証左と言えるでしょう。

では、トレーディングにおいて、AIはどのように使われるのか?

意味判断や価値判断ができない現行のAIがトレードにおいて人間に対して持つ優位性は、「アルゴリズム取引によって注文に掛かる時間が0になること」になります。

よく、AIは分析能力において人間を凌駕するからトレーダーを淘汰するみたいな話が聞かれますがそうではありません。また、現行のAIは統計的手法に基づいているため、勝率100%になることもありません(この点も本書では繰り返し書かれています)。

トレーディングにおいて人間がAIに対して不利なのは、注文するときにマウスを動かしたりキーボードを叩く物理的な行動が必要となる点です。

この優位性を発揮できるスキャルピングや秒単位のデイトレではAIは強みを発揮できますが、分単位以上のデイトレやスイングトレード、長期投資においてはAIの優位性は働きません(トレード執行における精神的負荷がないことは除く)。

つまり、現行のAIは超短期のスキャルパーやデイトレーダーを淘汰することはあっても、それ以上の時間軸のトレーダーを淘汰するには至らないものと考えられます。

※この本の中でも、トレーダーがAIに置き換えられてしまったという話が出てきていますが、これはマーケットメーカーのことだと思われます。

 

2018年3月 トレード歴73ヶ月(トレーダーの適性と強み、「幸福の資本論」)

2018年3月

※2018年3月当時の売買日記を読みながら作成(図も当時のものをそのまま転載)。

○3月9日
・2017年6月~2018年2月までの検証の結果、この1年で検証してきた逆張りルール4つのうち3つは素晴らしいとの結論になった。
※まあつまり、ルールってのは検証するまでに1年は掛かるわけですな。

○3月13日
「思ったんだが、逆張りデイトレ(直近で大きく下がっていて切上2陰線で入るもの)について、切上2陰線が出ずに上げていってしまうパターンがかなり多い気がするんだが……。これってつまり……。寄り付きで入ったらどうなってるってばよ?」
※下手に5分足中での逆張りとか考えずに、デイトレの基本は「翌日に陽線になりそうな銘柄を、5分足の寄り付きで入ればいい」ということから始めていれば……。

○3月14日
・逆張りのデイトレについて寄り付きで入ったらどうなるかを検証した。その結果、上手くいくことが分かった。
※このときグッジョブだったのは、-2%LC、-1%LC、-0.5%LCでちゃんと比較検証したこと。利食いも損切りも場合分けしてどうなったかをちゃんと検証することが大事。
・「順張りデイトレだと2%損切りが最適になるのに、逆張りの場合は損切りラインが小さい方がいいってのは面白いな。こういうのは検証しないことには分からん」

○3月15日~3月16日
・1月から検証を続けていたデイトレ順張りについて、ルールが確定した。

・「複数ルールを回すと、あたかも裁量トレードをやってるかのように見えるんだな。これは不思議だ」
※詳しくは2017年3月のコラムを参照。

※改めて売買日記を見直してみると、進歩や変化ってのは日々の継続の末に徐々にしか起こらないってのがよく分かる。

 

トレーダーの適性と強み

「デイトレード」に書いてある「デイトレで生活費を得て、スイングトレードで資産を作る」という文面はマーケティングだと思います。これは誰にでもできるものではありません。

誰にでもできるものではありませんし、その実態は非常に辛いものがあるというのが現実です。

まず、トレードで安定収入を得るのは不可能です。長い目で見ればトータルでプラスにすることは難しくありませんが、不確定要素を取り除くことは絶対にできません。

不安定なトレード収入で毎月の生活費を賄う精神的負荷は想像を絶します。これは体験してみなければ分かりませんが、体験しないことをおすすめします。

「労働で生活費を得て、トレードで資産を作る」が絶対的におすすめであり、合理的です。

また、これはトレードに限りませんが、人間できないことはできません。苦手なことは苦手のままです。だから、自分の強みを発揮できる領域で勝負することが重要です。

私はスイングトレードには適性があったと思いますが、デイトレには適性があるとは思えません。現在もデイトレのルールはありますが、日足で陽線になりそうなものを狙い、5分足の寄り付きで入るという簡易なものだけです。

自分の世界に浸りながら独り言を常に言って、自分とコミュニケーションを取り続けてないと寂しくて死んでしまう私にとっては、トレーダーとフリーランサーというのは最強の組み合わせです。

しかし、一人の時間を楽しめない性格の人にとっては、トレーダーは地獄の環境だと思います。そういう人にはトレード自体をおすすめしません。

私は、デイトレーダーを目指し、体験してみたことで、改めて「自分の強みを生かす」ことの重要性を認識しました。

特に、トレーダーの強みはストック(資金量)にあります。ストックが多ければ多いほど、フローも増えます。

トレード資金から生活費を賄うというのは、社会においてトレーダーであることの強みを削ぐものです。

収入チャネルをトレードだけにして生活することはおすすめできません。

社会におけるトレーダーの強みは何か?(それはスバリ、ストックである)。

この重要性は、どれだけ強調しても足りることはありません。

強みとは具体的には、フローを生み出す源と定義できるかと思います。

多くの仕事では、ストックは単なるストックに過ぎません。貯金が増えたからといって、収入には何の影響もありません。

しかし、投資家やトレーダーは違います。投資家やトレーダーにとってのストックは、多くの人とは異なる意味を持ちます。

社会におけるトレーダーの強みは何か?

その強みを生かして豊かに生きるには、どうすればいいか?

この問いの重要性は、どれだけ強調しても足りません。

 

書評:「幸福の資本論」

幸福に生きるための人生戦略を、金融資本、人的資本(稼ぐスキル)、社会資本(人間関係)の3つの視点から考察した本です。

日本でデイトレやスイングトレードを両立できる仕事は自営業や深夜バイト、フリーランサーなどに限られていますが、人的資本について書かれた第二章は兼業トレーダーにとっても参考になります。

これはあまり話題になりませんが、これから人生100年時代を迎えるにあたっては、トレーダーが抱える暇という大問題を多くの人が抱えるようになると思います。

投資は、死ぬまで続けられる趣味も兼ねますが、問題なのは時間をほとんど消費できない点です。

この本でも書かれているように、自分の好きなことで稼ぐ道を確立することは、人生のQOLの観点から見ても益々重要になってくると思います。

人生100年時代における最も合理的な戦略は、好きな仕事を死ぬまで続けること。長生きした場合の保険である年金は70歳まで繰り下げ受給するに限ります。

自由を体験したことがない多くの人は、「老後の楽しみは自由だ!」と憤慨するかもしれませんが、それは自由に対して幻想を持ってるだけです。

私みたいに、趣味が人一倍多い人生を歩んできた遊び人ですらも、3~5年程度でやりたいことが枯渇してしまったわけで……。

 

2018年2月 トレード歴72ヶ月(祝!トレードの大学院に入学!?、「残酷すぎる成功法則」)

2018年2月

※2018年2月当時の売買日記を読みながら作成(図も当時のものをそのまま転載)。

・杉村倉庫の影響で、あるルールの条件が見直されるように。
→どのようなルールであれ、再エントリーの回数は定義しておきましょう。

○2月19日
・ルールが増えてきたため、全てのルールを含めたエクセルの収支ファイルを作った。
※詳しくは2017年2月のコラム参照。

○2月21日
・東証一部銘柄で+10%以上順行した銘柄については、その銘柄数が少ないときのみエントリーとしておいて統計を取っておいたが、別ファイルで全ての統計を取っておくことに。
→これは後に役に立つことになった。
→どのようなルールでも、データは付けられるだけ付けておいて問題ない。

 

祝!トレードの大学院に入学!?

前回の続き。

1月には「トレードの大学院に入学する」とワクワクしてブログを書き続けていました。

そして、2月始めにとんでもないことが……。

マジかー!!こんな仕事があるんかー?!

実を言うと、「デイトレで生活費を稼ぎ、スイングトレードで資産運用する」ことを目指していたものの、トレードで全てを賄うことに精神的な限界を感じていたことも確かでした。

そのため、「副業で生活費を稼いで、トレードはデイトレも含めて運用に特化できたらいいなあ」と思っていました。

これは、その願望が成就することを願って、2017年10月に作って部屋に張っておいたビジョンボードです。

 

そして2018年2月、とある経緯から株式投資コンテンツの作成(ライティング)という仕事があることを知りました。

こうして私は専業トレーダーの道を卒業し、フリーランサー兼業トレーダーになることになりました。

点だった全ての願望が一つの線になって降ってきたとしか思えません。

本当に、それがどんなことであろうと、現時点の自分からはどんだけ不可能に思えることであったとしても、目標は意図しておくもんやな……と思います。ああ、もちろん目標を意図するだけじゃなくて、ちゃんと行動しないと駄目ですぜ。

フリーランサーとして生活費を賄うようになったことは、私のトレード環境に全面的に良い影響を及ぼしました。

専業トレーダーを夢見る人は多いですが、専業トレーダーはおすすめできません。

不安定であるが資産を大きく増やせるトレードに対して最も補完的なのは、やればやるだけ収入になる労働収入です。

また、トレーダーは暇も大問題になってきます。やりたいことや趣味なんてものは膨大な自由の前では精々もって3年です。

この点においても、労働は補完的です。

 

書評:「残酷すぎる成功法則」

巷に溢れている成功法則を科学的な根拠に基づいて検証された本です。

個人的に一番知りたかった「目標を意図すること」と「感謝すること」の効果について検証されていないのは残念でしたが、全体的にまとまっている良書です。

特に、第三章では、「認知的再評価」について書かれています。

「認知的再評価」とは、現実に対する解釈を変えることです。

例えば、私は単にブログを書き始めただけなのに、「これはトレードの大学院の課題なんだ!」と本気で思い込んでワクワクしました。

そして、その過程でトレードライティングという仕事と出会うことになり、今でもトレードライティングの仕事は「トレードの大学院の授業」だと思ってやっています。

このように、現実への解釈や意味を変える効果は決して馬鹿にできません。どんな馬鹿げた妄想であろうと、行動に繋がり、その行動を継続させるモチベーションになることがあるからです。

認知的再評価によって目標を意図するときには、現実世界や時間という制限を取り払うことがポイントです。

例えば、私は現実世界の成功に対してはあまり羨ましいと思えることがありませんが、ゲームや漫画などの世界に対しては羨ましいと思う体験がたくさんあります。

そのような現実的ではないワクワクする体験を、現実で体験したい目標として設定すればいいのです。

ちなみに私は、2018年から2020年に掛けては友達と「リアル20世紀少年ごっこ」をやる計画を進めており、少なくとも2018年は最高の体験になりました。

また、2019年はリアルで映画のようなゾンビサバイバルを体験したいと思っており、計画を進めています。

私のこのような性質は一般的には理解されないと思いますが、少なくとも私の主観では全て現実化しています。

意図した目標が現実化しないと思ってる人は、意図した目標が本当にワクワクするものかどうかを考えてみるといいかと思います。

例えば、大金が欲しいとか、結婚したいとか、家が欲しいとか。その目標は本当にワクワクするものなのか?

社会が推奨する世俗的な成功にワクワクしないなら、時間や時空を取っ払ってワクワクする目標を意図することが大事です。

現実世界にワクワクする目標がなくても、ゲームや映画、漫画の世界にワクワクする理想があるかもしれません。もしくは、過去にあったけどもう体験できないと思い込んでいることにワクワクするかもしれません。

無意識の内に「そんなの実現するはずがない!」と思考停止するのではなく、現実世界で体験できるとワクワクすることが大事です。

認知的再評価の一例を挙げると、「もう一度、学生生活を体験したい!」と思ったら、今通っている職場を学校だと思い込めばいいのです。

ちなみに、私はこの方法を使って、2012年に中学時代を、2015年に高校時代を追体験しました。

 

2019年2月1日(金)

ツイン統計波

○保有銘柄
サイバーエージ:3500S→3540LC(-1.14%)

トレード数:21 利食い:5 勝率:23.81%
収支:-6.11%(月率-3.06%) ※1月確定

○今日のエントリー
・代金1位:アンリツ:2047L→

・代金2位:味の素:1691S→

・統計残:0+1(再)+3(新規)=4

※売買ルールはこちら

※日経平均は微増。来週、上値抵抗線にタッチしそう。

 

2019年1月31日(木)

ツイン統計波

○保有銘柄

トレード数:20 利食い:5 勝率:25.00%
収支:-4.97%(月率-2.99%)

○今日のエントリー
・代金1位:サイバーエージ:3500S→

・代金2位:-

・統計残:0+0(再)+1(新規)=1

※売買ルールはこちら

※日経平均は、FOMC利上げ停止で上昇。上値抵抗線まで来たらどうなるか。

 

2019年1月30日(水)

ツイン統計波

○保有銘柄

トレード数:20 利食い:5 勝率:25.00%
収支:-4.97%(月率-2.99%)

○今日のエントリー
・代金1位:-

・代金2位:-

・統計残:0+0(再)+0(新規)=0

※売買ルールはこちら

※東証は全面安。サンバイオと仲間たちに曙ブレーキにと、大きく下げた銘柄が目立った。

 

2019年1月29日(月)

ツイン統計波

○保有銘柄
ヤクルト:7140S→7220LC(-1.12%)

トレード数:20 利食い:5 勝率:25.00%
収支:-4.97%(月率-2.99%)

○今日のエントリー
・代金1位:-

・代金2位:-

・統計残:0+0(再)+0(新規)=0

※売買ルールはこちら

※日経平均は反発。しばらく2~3ヶ月は停滞ですかね。

※よく、「結婚式はやって良かった。最高の思い出ができた」と言う人は多い。これって、「結婚式をやらなかった場合」と比べて言ってることが多い気がする。いや、そうじゃなくてだな……。ご祝儀が貰えるにしても数百万掛かってやるイベントなわけで。仮に200万掛かったとしたら、200万円分の贅沢と比較・検証する必要がある。そりゃあ、200万投資して楽しい思い出ができない方がおかしいだろと。正確には、200万円分の海外旅行とかと比較・検証するのが正しい。トレードにしても人生にしても、検証して教訓を得るのは大事なことだが、比較対象を間違えないことが大事だ。こういう考える力の弱い人達がミセスワタナベとしてマーケットの養分になってくれるんだから実にありがたいと思う。で、数百万投資して最高に楽しかったイベントができたんだったら、その後も10年おきに1回とかの割合で同じようなことをやればいいのにと思う。一生使わない老後資金として貯め込んじゃなくて。この辺のイベントを活性化させることに、日本経済が復活するヒントがあるような気がする。

 

2019年1月28日(月)

ツイン統計波

○保有銘柄
ピジョン:4000S→4045LC(-1.13%)
ファーストリテイリング:49850S→50350LC(-1.00%)
ヤクルト:7140S→

トレード数:20 利食い:5 勝率:25.00%
収支:-3.85%(月率-1.93%)

○今日のエントリー
・代金1位:-

・代金2位:-

・統計残:1+0(再)+0(新規)=1

※売買ルールはこちら

※日経平均はやや調整。

※来月からスマホ料金が990円になった。ありがとうぽんつー。倒産するまでぽんつーに寄生し続ける予定だ。ぽんつーはネット上では揶揄されているが、私は2014年からずっと使い続けていて文句はない。ネット上のMVNO比較記事では、既にぽんつーは推奨されてないことが多い。自宅にWifi環境があれば、別にMVNO会社なんてどこもそんな変わらないのだろうが。ただ単に価格だけで見るならぽんつーも選択肢としてアリだと思うが、もはや比較対象にすら載ってないことが多い。これはMVNOに限らない。動画サービスでは、musicjp(ビデオマーケット)が品揃え的にも価格的にも最強だが、動画配信サービスの比較記事では載ってないことが多い。株価的にはネットフリックスが最強だが、サービスの質ではU-NEXTの方がいい。よく、「株は自分が使って便利だと思った銘柄を買うべき」と言われているが、株価とサービスの質は逆になってる場合が多々ある。