2018年11月16日(金)

ツイン統計波

○保有銘柄
東電力HD:630L→649TS(+3.02%)
オープンハウス:3735S→3620TS(+3.08%)
トリドールHD:1811S→1756TS(+3.04%)

トレード数:22 利食い:10 勝率:45.45%
収支:+5.42%(月率+2.71%)

○今日のエントリー
・代金1位:任天堂

・代金2位:武田

・統計残:12+0(再)+11(新規)=23

※売買ルールはこちら

※日経平均は続落。任天堂や黒鉛電極関連銘柄が暴落した。日経平均もグラグラしてるが、個別で見ても雲行きが怪しくなってきた感じ。

 

2018年11月15日(木)

ツイン統計波

○保有銘柄
東電力HD:630L→
ブレインパッド:6870L→6780LC(-1.31%)

トレード数:20 利食い:7 勝率:35.00%
収支:-3.71%(月率-1.86%)

○今日のエントリー
・代金1位:オープンハウス

・代金2位:トリドールHD

・統計残:11+1(再)+3(新規)=15

※売買ルールはこちら

※日経平均は反落。ダウが弱い。

※つい先日、youtubeでコインゲームの動画を見ていた。2000枚を投じ続けるとか、子供の頃にゲーセンでちまちま1枚ずつ入れていた頃からしたら夢のような光景が広がっており、滅茶苦茶夢のある動画だった。1回見たらもう飽きてしまったが。この動画を見ていて思ったのは、物凄い勢いでコインが落ちてきていて、体感では物凄いことになってると感じるにも関わらず、トータルではコインは2000枚から1500枚位まで減っていたことである。メダルゲームがそういう風に作られているのは当たり前のことではあるんだが、この感覚は重要だ。トレードでは、これと全く逆になる。これは不思議というか、人間の脳はそういう風にできてるんだと思う。メダルゲームのような期待値マイナスのゲームでは、体感的には凄いことになってると感じる(そうやって射幸心を煽りつつ、店側が儲かるようにできている)。一方、トレードでは過半数が損切りになるため儲かってる気は全くしないが、損小利大でやってるとトータルではプラスになる。脳が認識する体感と実際の結果とでは、真逆のことになっているのだ。脳は大小の判断や価値判断が苦手なんじゃないのかと思う。

 

2018年11月14日(水)

ツイン統計波

○保有銘柄
ブレインパッド:6900L→7110TS(+3.04%)
JXTG:706.4S→685.2TS(+3.00%)

トレード数:18 利食い:7 勝率:38.89%
収支:-2.40%(月率-1.20%)

○今日のエントリー
・代金1位:東電力HD

・代金2位:ブレインパッド

・統計残:11+1(再)+4(新規)=16

※売買ルールはこちら

※日経平均は小幅反発となった。反発にしては小さい。直近安値割れもあり得るかと思うが、個別銘柄で見ると多くの銘柄が安値からは反発してるためなさそうにも見える。

※株式情報サイトについて。決算スケジュールの確認はヤフーファイナンスが便利。信用倍率はトレーダーズウェブが便利。個別銘柄について興味があるときは株探が便利。

 

2018年11月13日(火)

ツイン統計波

○保有銘柄
ファーストリテイ:60450L→59800LC(-1.08%)
東レ:901L→880LC(-2.33%)
三井金:2587S→2489TS(+3.79%)

トレード数:16 利食い:5 勝率:31.25%
収支:-8.45%(月率-4.23%)

○今日のエントリー
・代金1位:ブレインパッド

・代金2位:JXTG

・統計残:8+1(再)+6(新規)=15

※売買ルールはこちら

※日経平均はダウ暴落で暴落。日経平均はともかく、ダウが弱いんじゃどうしようもない。

 

2018年11月12日(月)

ツイン統計波

○保有銘柄
ファーストリテイ:60450L→
千代建:356S→360LC(-1.12%)
シスメックス:6703S→6771LC(-1.01%)

トレード数:14 利食い:4 勝率:28.57%
収支:-8.83%(月率-4.42%)

○今日のエントリー
・代金1位:東レ

・代金2位:三井金

・統計残:9+1(再)+7(新規)=17

※売買ルールはこちら

※日経平均はダウが下げたが陽線で上昇となった。

※高配当株で知られる青山商事が減配となって暴落した。配当率は今日の終値で計算すると、5.34%→3.34%。今日一日で-16.68%下げてるわけで、割に合わない。これは日産やJTも分からんだろうなと。配当率が5%超えてるのはさすがに……。高配当株は下落に強いと言われるが、減配一発で全て吐き出してしまう。マーケットにフリーランチは落ちてないってことですわね。

※最近、移民政策がどうなるかに注目している。私は移民政策には賛成の立場だが、さすがに拙速すぎじゃないかと思う。来年は統一地方選と参院選があって、与党の票田である地方の業者の要請を受けてのものなのだろうが。ただ、私がこのニュースで一番関心するのは、ネット右翼達が韓国のアイドルグループ?がテレビに出るかどうかの方に熱心になってることだ。これ、裏で繋がってるだろ?と思わざるを得ない。普段は移民政策に徹底反対しているネット右翼が、この一番重要なときに韓国のアイドルグループのニュースに躍起になってるということはよく覚えておきたい。しかし、政治をしてる人達にとっては楽だろうな。移民法案を通すときに一番厄介な連中が、どーでもいい韓国のニュースに踊ってくれてるんだから。

 

2018年11月9日(金)

ツイン統計波

○保有銘柄
楽天:888L→915TS(+3.04%)
ファーストリテイ:60450L→
シスメックス:6688S→6755LC(-1.00%)
SUBARU:2829.5S→2744.5TS(+3.00%)

トレード数:12 利食い:4 勝率:33.33%
収支:-6.69%(月率-3.35%)

○今日のエントリー
・代金1位:千代健

・代金2位:シスメックス

・統計残:10+1(再)+3(新規)=14

※売買ルールはこちら

※日経平均は反落。さすがにボトムからの利食いが入ってきて下げてもおかしくない。大きく下げてから、株価がバネのようにすぐには戻らないのは、こういう原理がある。ボトム付近での買い玉の利食い売りが入ってきて売り圧力になるのが一つ。もう一つは、下落時に損切りできなかった買い玉の「何とか買い値まで……」という売りが入ってくる。これらを全てこなすほどの買いが入ってくれば、バネのようにすぐに戻す。だが、実際は中々難しい。今日の代金1位の千代健は、この1ヶ月半で3分の1近くになってるが、この銘柄は日揮と並ぶプラント大手なわけで、酷いことになってる人が相当いるだろうなと思う。値を付けてその流れからストップ安になるのと、値を付けずにギャップダウンの一本線でストップ安になるのとでは、大違いである。前者は逃げれた分だけ、それだけ売り圧力も減ってるが、後者は売り圧力がそのまま保存されてしまう。だから、個人的には値付かずのストップ安になった銘柄は、滅茶苦茶な値動きをすることが多くやりにくい。

 

2018年11月8日(木)

ツイン統計波

○保有銘柄
JT:2848.5S→2845TS(+0.12%)
楽天:888L→
ファーストリテイ:60450L→
ユニー・ファミマ:14300L→14730TS(+3.01%)

トレード数:10 利食い:2 勝率:20.00%
収支:-11.73%(月率-5.87%)

○今日のエントリー
・代金1位:シスメックス

・代金2位:SUBARU

・統計残:7+1(再)+3(新規)=11

※売買ルールはこちら

※日経平均はダウ高で大幅反発。最近は楽観的な値動きであり、ほぼ半値戻しも達成した。安値を割っていく可能性相当小さくなったと思うが、下落波動で見るとこれでもまだ半値しか戻してない。5MAを割るまでにどこまで上げられるか。

 

2018年11月7日(水)

ツイン統計波

○保有銘柄
JT:2848.5S→
楽天:888L→
ケーズHD:1094S→1107LC(-1.19%)

トレード数:8 利食い:0 勝率:0.00%
収支:-14.86%(月率-7.43%)

○今日のエントリー
・代金1位:ファーストリテイ

・代金2位:ユニー・ファミマ

・統計残:8+0(再)+4(新規)=12

※売買ルールはこちら

※日経平均は中間選挙越えで材料出尽くしの反落。中間選挙を超えて、米中貿易摩擦はどうなるか?ダウの値動き次第。

※ルールの検証をしているときに、損切りをしっかりしていれば、右肩下がりの資金曲線になることはまずない。最悪でも横ばいになる。右肩下がりになってるんだったら、それは右肩上がりの期待値プラスのルールを見つけたのと同じことである。逆をやればいいわけで。-1%損切り、+3%利食いでやって、綺麗な右肩下がりの資金曲線になってるんだったら、その逆をやればいいということになる。+1%利食い、-3%損切りでやればいいのだ。ただ、理論上はこういうことになるが、私は今までにこういう経過で期待値プラスのルールを見つけたことがない。そもそも、ルール検証で右肩下がりの資金曲線になったことがない。まず大多数は横ばい地獄になる。それに、損小利大でやっていて、右肩下がりになるのはおかしい。その後にどこかで利食い連発フェーズが来てもおかしくない。って言うか、逆張りで損小利大の逆をやったら、とんでもないことになりそうだ。

 

2018年11月6日(火)

ツイン統計波

○保有銘柄
JT:2848.5S→
SUBARU:2895.5S→2924.5LC(-1.00%)

トレード数:6 利食い:0 勝率:0.00%
収支:-13.67%(月率-6.84%)

○今日のエントリー
・代金1位:楽天

・代金2位:ケーズHD

・統計残:8+2(再)+3(新規)=13

※売買ルールはこちら

※日経平均は反発。5MAを割るまでにどういう経過を辿るか。

 

2018年11月5日(月)

ツイン統計波

○保有銘柄
ファーストリテイ:60530L→58720LC(-2.99%)
KDDI:2410S→2434.5LC(-1.02%)

トレード数:4 利食い:0 勝率:0.00%
収支:-12.67%(月率-6.34%)

○今日のエントリー
・代金1位:JT

・代金2位:SUBARU

・統計残:9+1(再)+4(新規)=14

※売買ルールはこちら

※日経平均は反落。まだ5MAを割ってないため、反発していく可能性はある。ただ、代金1位2位はLCになってるが、それ以外の空売り銘柄は落としてることから、1ヶ月以内に第二波が来てもおかしくはない。中間選挙がどうなるか。