トレードのスキル


証券会社はBNFやバフェットを推していることがあるが、誰だって、BNFやバフェットになれるわけじゃない。でも、BNFやバフェットのような金持ちにはなれなくても、成金にだったら努力次第でなれるんじゃないかと思うのです。トレードはあくまで、自分自身が最高の人生を送るためのツールの一つに過ぎない。

ただ、トレードをツールとして使いこなすには、医学部再受験と同程度の努力が必要になるんじゃないかと思う。そこまでの覚悟がないと、養分にしかならない。

トレードには、成功法則と同じ位、素晴らしい名著がたくさんあるのだが、その多くの本には、トレーダーになるには本気で努力して数年掛かると書かれている。実際に体験してみないとこれは理解出来ない。これだけは信じたくない。でも、天才でもない限り、これは事実。

トレードのスキルというのは、売買ルール、資金管理、テクニカル分析、規律、エントリー・損切り・利食い、建玉操作、銘柄選択などなど、これら一つ一つのスキルを統合化した総合的・専門的なスキルなのです。

たかが買いと売りしかないゲームなんだけど、そのゲームで勝つには総合的・専門的なスキルが必要になってくる。このスキルの習得に、数年は掛かる。でも、分からない、信じたくない。そんなスキルがなくても勝てると思ってしまう。世界的なトレーダーが何人もそう言ってるんですぜ?しかし、信じたくない。長くても数ヶ月で出来るようになると思ってしまう。そう、まさに私自身がそうだった。

プロが使っている売買ルールを手に入れて、損切りを徹底して、売買日記を書いていれば、数ヶ月で出来るようになるんだと(それは最低限のスタートラインであって、そこから努力して数年掛かる)。

最初の内は何も分からない。銘柄選びとテクニカル分析が良ければいいんだろ程度にしか見えない。私も最初は、利益目標ラインの設定や分割建玉をする意味が分からなかった。でも、上達していくと、利益目標ラインを設定するメリットや、予めシナリオを立てておくメリットや、分割建玉法のとんでもない威力が分かってくるようになる。……これがあるからやめられない。成長する度に、今までは理解出来なかったスキルの重要性が理解出来てくる。トレード本を読み返してみると、理解できる場所が増えている。これこそが、トレードの魅力の一つだとすら思う。

では、トレードのスキルはどうすれば上達するのかと言うと、次の3つ。

(1)売買日記を書く
(2)統計を取る
(3)検証をする(銘柄演習)

この3つをやり続けていれば、トレードのスキルは上達していく。