ポケモン 第5世代最強育成

概要

・ポケモン第5世代(BW、BW2)での育成工程を記載する。
・使用ソフトはポケモンブラック2・ホワイト2とする。
・育成時間を大幅短縮することを目的として、コードフリークによる改造を使用する(ただし、個体値Vは3つまでとし、残りの能力はランダムで決まるものとする(コインやサイコロで決めて値を割り振る))。当サイトの改造コードに対するポリシーは、”作業時間を圧縮出来るのなら最大限に活用するべき”というもの。そのため、”親から所望の能力3つが遺伝するまで時間を短縮する”ということで個体値変更コードを使うとする。
・この方法で育成したポケモンは、作業圧縮目的でしか改造コードを使っていないため正規のポケモンとして後の世代に送ることが可能。
※ポケモンバンクなどでは、ポケモンの入手場所などのアドレスで不正ポケモンチェックをしているため、正規の方法で入手したポケモンの努力値・個体値・技を変えただけでは改造ポケモンかどうかの判断が出来ない。そのため、ポケモンの入手ルートさえ正規なら、何の問題もなく後の世代に送ることが出来る。
※ただし、第4世代(DPP、HGSS)以前の教え技を覚えたポケモンを育成する場合は、ポケモンDPPで育成して、ポケシフターで転送してくること(BW2で技変更コードを使って再現するとWifiを通らない可能性があるため)。なお、第4世代での育成についてはポケモン 第4世代最強育成を参照。

 

 

 

 

 

 

 

育成工程

・ポケモンBW2での育成は次の工程で行われる。( )内はその段階で決定されるパラメータを示している。
1.タマゴ孵化(性格、特性、性別)
2.個体値変更(個体値)
3.努力値変更(努力値)
4.レベル上げ(レベル、レベルアップで覚える技)
5.技調整(技マシンで覚える技、教え技で覚える技、タマゴ技で覚える技、技のPP)
6.持ち物調整(持ち物)
7.マーキング(マーキング)

 

事前準備

・効率的な育成を行うための準備を行う。

1.性格一致個体値6Vメタモンの準備
1-1.ジャイアントホール・地底森林などで、メタモンを集中的に捕獲し、所望の性格のメタモンを入手する。
※“出現ポケモン変更コード(アイテム調整版)”(コード⑨)を使ってもよい。
※ジャイアントホールでレベル50の所望の性格のメタモンをゲットしてから、個体値変更コードを使って6Vにすれば、第6世代以降にも問題なく送ることが可能となる。
※ゲットしておきたい性格一覧
・いじっぱり(攻撃1.1倍、特攻0.9倍)
・ゆうかん(攻撃1.1倍、素早さ0.9倍)
・ずぶとい(防御1.1倍、攻撃0.9倍)
・わんぱく(防御1.1倍、特攻0.9倍)
・のんき(防御1.1倍、素早さ0.9倍)
・ひかえめ(特攻1.1倍、攻撃0.9倍)
・れいせい(特攻1.1倍、素早さ0.9倍)
・おだやか(特防1.1倍、攻撃0.9倍)
・しんちょう(特防1.1倍、特攻0.9倍)
・なまいき(特防1.1倍、素早さ0.9倍)
・おくびょう(素早さ1.1倍、攻撃0.9倍)
・ようき(素早さ1.1倍、特攻0.9倍)
・さみしがり(攻撃1.1倍、防御0.9倍)
・やんちゃ(攻撃1.1倍、特防0.9倍)
・おっとり(特攻1.1倍、防御0.9倍)
・うっかりや(特攻1.1倍、特防0.9倍)
・せっかち(素早さ1.1倍、防御0.9倍)
・むじゃき(素早さ1.1倍、特防0.9倍)

1-2.“マーキングで個体値変更コード”(コード③)を使い、全てのメタモンの個体値を6Vにする。
※2行目を次のように変える。
223AED20 3FFFFFFF
※素早さ下降性格であるゆうかん・のんき・れいせい・なまいきの場合は、素早さ以外V、素早さ0にするとよい(ユキノオーやカバルドンなどはこれ)。この場合、2行目は次のようになる。
223AED20 3FF07FFF

 

2.“アイテム減ると増えるコード”(コード⑤)を使い、「ふしぎなアメ」「ポイントマックス」を増やす。
※「ふしぎなアメ」「ポイントマックス」がなくなり次第、何回も使う。
※「きあいのタスキ」や「こだわりスカーフ」などポケモンによく持たせるアイテムについても同様にして増やす。
※「ハートのウロコ」や教え技に必要なかけらも同様にして増やす。

3.攻略本や攻略サイトを参照して、全ての技マシンを入手する。
※”BW2 技マシン 入手場所”でググる。

4.親ポケモンの準備
4-1.最終形態のポケモンを全て入手しておく。
※親ポケモンとしてタマゴを入手するために必要なので、“出現ポケモン変更コード(アイテム調整版)”(コード⑨)を使ってもよい。
4-2.(夢特性を持ったポケモンを入手する場合)“ハイリンクで仲間にできるポケモン追加コード”(コード⑩)を使い、所望の夢特性を持った♀ポケモンを入手する。
※マスターコードが他のコードとは異なるので注意。

 

育成

1.“一歩で手持ちのタマゴが孵化するコード”(コード①)を使いながら、「かわらずのいし」を持たせた所望の性格のメタモンと、所望の親ポケモンを育て屋に預け、育て屋じいさんからタマゴを貰い、孵化させる。
※夢特性を遺伝させる場合は、メタモンと一緒に預けても夢特性は遺伝しないので、夢特性を持った♀のポケモンの性格を“マーキングで性格変更コード”(コード⑦)で任意の性格に変えておく。その後、夢特性を持った所望の性格の♀のポケモンに「かわらずのいし」を持たせ、同じタマゴグループの♂ポケモンと一緒に育て屋に預ける。
※所望の性格かつ所望の特性のポケモンをゲットするまでタマゴを孵化させ続ける。
※時間短縮のため、“L+Rでタマゴがもらえるコード”(コード②)を併用することを推奨する。

2.“マーキングで個体値変更コード”(コード③)を書き換えて、所望の個体値を設定しておく。その後、ボックス内で育成するポケモンを選択し、「マーキング→決定」で個体値を決定する。
※3Vは確定。残りはコインやサイコロで値を決定。コインの場合、表なら‘1’を、裏なら‘0’を下位5ビットずつ割り当てていく。サイコロの場合、奇数なら‘1’を、偶数なら‘0’を下位5ビットずつ割り当てていく。
※223AED20 XXXXXXXXの部分を変えることで個体値を変更する。
※XXXXXXXXの左から5ビットずつ、特防、特攻、素早さ、防御、攻撃、HPなので、
ⅰ.特防、特攻、素早さ、防御、攻撃、HPを順に2進数にする。
ⅱ.16進表示に変換する(小さい位から順に変換すること)。
※時間短縮のため、努力値変更と同時に行うことを推奨する。

3.“マーキングで努力値変更コード”(コード④)を書き換えて、所望の努力値を設定しておく。その後、ボックス内で育成するポケモンを選択し、「マーキング→決定」で努力値を決定する。
※各能力値に対応するアドレスは次の通り。
223AEC08 743424xx /* 最大HP */
223AEC0C 747424xx /* こうげき */
223AEC10 74B424xx /* ぼうぎょ */
223AEC14 74F424xx /* すばやさ */
223AEC18 753424xx /* とくこう */
223AEC1C 757424xx /* とくぼう */

4.「ふしぎなアメ」を大量投与して、レベルを上げる。
※「ふしぎなアメ」がなくなってきたら、“アイテム減ると増えるコード”(コード⑤)を使って増やす。最終進化系にするのに必要なアイテムについても同様にして増やす。
※レベルは最低でも50までは上げておくこと。
※進化させるのに、なつき度が必要な場合、“マーキングでなつき度MAXコード”(コード⑧)を使ってもよい。なお、このコードを使わなくても、「ふしぎなアメ」を投与していれば、いつかは進化する。

5.技を調整し、全ての技に「ポイントマックス」を投与する。
※レベルアップで覚える技は、4のレベル上げの段階で覚えさせる。
※過去のレベルで覚える技は、PWTで思い出させる(要・ハートのウロコ)。
※技マシンで覚える技は、技マシンを使って覚えさせる。
※教え技は、技を教えてもらえる場所に行き覚えさせる。なお、なつき度が必要な場合は、“マーキングでなつき度MAXコード”(コード⑧)を使う。
※タマゴ技は、“全わざマシンの効果変更コード(アイテム調整版)”(コード⑥)を使って覚えさせる。
※「ポイントマックス」がなくなってきたら、“アイテム減ると増えるコード”(コード⑤)を使って増やす。

6.持ち物を持たせる。
※持ち物が1個しかなかったら、“アイテム減ると増えるコード”(コード⑤)を使って増やす。

7.個体値が31の能力値をマーキングしてから、ボックスに預けて育成完了。
※マークの対応順は次の通り。
HP  攻撃
防御 特攻
特防 素早さ

 

改造コード(ポケモンブラック2)

※以下のコードは全て、コードフリーク用の改造コードとなる。

・マスターコード(M)
8000B2E8 4952454A
F2384588 023B0000

・一歩で手持ちのタマゴが孵化するコード(コード①)
D2181C50 020042B0
12181C52 0000E000
12181C94 000046C0

・L+Rでタマゴがもらえるコード(コード②)
D4000130 01400300
22225E4C 00000001

・マーキング必須コード
※マーキング関係のコード(コード③、コード④、コード⑦、コード⑧)を使用する時は必ず併用すること。
123AEBFE 000073B4
123AECFE 0000BDF8
D201E616 0100B002
2201E618 FAF1F390

・マーキングで個体値変更コード(コード③)
223AECD0 612C4C13
223AED20 3FFFFFFF <-変更箇所

※223AED20 3FFFFFFFの部分を変えることで個体値を自由に変更できる。
※3FFFFFFFの左から5ビットずつ、特防、特攻、素早さ、防御、攻撃、HPなので、例えば、順に15,16,17,18,19,20にしたいなら、順に2進数にして(01111,10000,10001,10010,10011,10100)、並べて(01 1111 0000 1000 1100 1010 0111 0100)、これを下位ビットから4ビットずつ16進数に変換して得られた(1F08CA74)を指定する。

・マーキングで努力値変更コード(コード④)
223AEC08 743424xx /* 最大HP */
223AEC0C 747424xx /* こうげき */
223AEC10 74B424xx /* ぼうぎょ */
223AEC14 74F424xx /* すばやさ */
223AEC18 753424xx /* とくこう */
223AEC1C 757424xx /* とくぼう */

※xxに努力値の値(00(0)~FF(255))を入れる。
※努力値合計が510を超えるとポケモンがダメタマゴ化するので注意。

・アイテム減ると増えるコード(コード⑤)
D2008446 01008841
12008448 00001909

・全わざマシンの効果変更コード(アイテム調整版)(コード⑥)
223AE780 88404801
223AE784 46C0BD10
223AE788 0221DB5C
D202681C 01004802
22026820 FFAEF387
D4000130 01400100
2221DB5C 022F0032

※このコードをONにした状態でRボタンを押すと、バッグの回復アイテムリストの1番目が「ふしぎなアメ」559個になる。次に、覚えさせたい技の番号と同じ値になるまで「ふしぎなアメ」を捨てる。そして、バッグの技マシンリストを開くと、指定した技に変わっている。なお、技表は”BW2 技表 コード”でググる。

・マーキングで性格変更コード(コード⑦)
223AEC78 766C24ss <-ss:性格表参照

※性格表

00 がんばりや 05 ずぶとい 0A おくびょう 0F ひかえめ 14 おだやか
01 さみしがり 06 すなお 0B せっかち 10 おっとり 15 おとなしい
02 ゆうかん 07 のんき 0C まじめ 11 れいせい 16 なまいき
03 いじっぱり 08 わんぱく 0D ようき 12 てれや 17 しんちょう
04 やんちゃ 09 のうてんき 0E むじゃき 13 うっかりや 18 きまぐれ

・マーキングでなつき度MAXコード(コード⑧)
223AEC38 733424FF

・出現ポケモン変更コード(アイテム調整版)(コード⑨)
22004000 88C04802
22004004 48017120
22004008 47708840
2200400C 0221DB5C
D21A0C1E 01002100
221A0C20 F9EEF663
D4000130 02400100
2221DB5C 02890032
2221DB60 00640035

※このコードをONにした状態でRボタンを押すと、バッグの回復アイテムリストの1番目が「ふしぎなアメ」649個に、2番目が「ポイントマックス」100個になる。次に、出現させたいポケモンの番号になるまで「ふしぎなアメ」を捨てて、出現させたいポケモンのレベルになるまで「ポイントマックス」を捨てる。そして、フィールド上でLボタンを押してから、草むらでエンカウントすると、指定したレベルの指定したポケモンが出現する。

 

~以下のコードは、コード①~⑨とはマスターコードが異なるので注意~
・マスターコード(M)
0000B2E8 4952454A
08A36F4A D350FE78

・ハイリンクで仲間にできるポケモン追加コード(コード⑩)
D8A1C342 2A005A6A
D8A1C346 B458D10F
D8A1C34A 4C094B08
D8A1C34E 4E0902E4
D8A1C352 603418E4
D8A1C356 D10129C8
D8A1C35A E0028832
D8A1C35E D10129CA
D8A1C362 526A8872
D8A1C366 1C64BC58
D8A1C36A 46C04770
D8A1C36E 00%0nnnn <-%(性別):0(♂)、2(♀)、4(性別不明) nnnn:ポケモン表参照
D8A1C372 00000kkk <-kkk(特別に覚えている技):技表参照
D8A1C376 023AE9BC
289F14D2 05000061
E89F14D0 00005A6A
E89F14D6 00001C64
2E9B2BF2 02400200
E89F14D0 0000F36A
E89F14D6 0000FDB5

※コード⑩の使い方について。
1.ハイリンクの森に仲間にできるポケモンがいない状態にする。
2.ハイリンクにワープし、Lボタンを押しながら森に入る。
3.指定したポケモンが森に出現していることを確認し、森から出る。
4.元の世界に戻り、レポートを書く。
5.もう一度ハイリンクの森に入って、ポケモンをゲットする。

 

改造コード(ポケモンホワイト2)

※以下のコードは全て、コードフリーク用の改造コードとなる。

・マスターコード(M)
8000C7DC 4952444A
F2384588 023B0000

・一歩で手持ちのタマゴが孵化するコード(コード①)
D2181C70 020042B0
12181C72 0000E000
12181CB4 000046C0

・L+Rでタマゴがもらえるコード(コード②)
D4000130 01400300
22225E6C 00000001

・マーキング必須コード
※マーキング関係のコード(コード③、コード④、コード⑦、コード⑧)を使用する時は必ず併用すること。
123AEBFE 000073B4
123AECFE 0000BDF8
D201E642 0100B002
2201E644 FADBF390

・マーキングで個体値変更コード(コード③)
223AECD0 612C4C13
223AED20 3FFFFFFF <-変更箇所

※223AED20 3FFFFFFFの部分を変えることで個体値を自由に変更できる。
※3FFFFFFFの左から5ビットずつ、特防、特攻、素早さ、防御、攻撃、HPなので、例えば、順に15,16,17,18,19,20にしたいなら、順に2進数にして(01111,10000,10001,10010,10011,10100)、並べて(01 1111 0000 1000 1100 1010 0111 0100)、これを下位ビットから4ビットずつ16進数に変換して得られた(1F08CA74)を指定する。

・マーキングで努力値変更コード(コード④)
223AEC08 743424xx /* 最大HP */
223AEC0C 747424xx /* こうげき */
223AEC10 74B424xx /* ぼうぎょ */
223AEC14 74F424xx /* すばやさ */
223AEC18 753424xx /* とくこう */
223AEC1C 757424xx /* とくぼう */

※xxに努力値の値(00(0)~FF(255))を入れる。
※努力値合計が510を超えるとポケモンがダメタマゴ化するので注意。

・アイテム減ると増えるコード(コード⑤)
D2008446 01008841
12008448 00001909

・全わざマシンの効果変更コード(アイテム調整版)(コード⑥)
223AE780 88404801
223AE784 46C0BD10
223AE788 0221DB7C
D2026848 01004802
2202684C FF98F387
D4000130 01400100
2221DB7C 022F0032

※このコードをONにした状態でRボタンを押すと、バッグの回復アイテムリストの1番目が「ふしぎなアメ」559個になる。次に、覚えさせたい技の番号と同じ値になるまで「ふしぎなアメ」を捨てる。そして、バッグの技マシンリストを開くと、指定した技に変わっている。なお、技表は”BW2 技表 コード”でググる。

・マーキングで性格変更コード(コード⑦)
223AEC78 766C24ss <-ss:性格表参照

※性格表

00 がんばりや 05 ずぶとい 0A おくびょう 0F ひかえめ 14 おだやか
01 さみしがり 06 すなお 0B せっかち 10 おっとり 15 おとなしい
02 ゆうかん 07 のんき 0C まじめ 11 れいせい 16 なまいき
03 いじっぱり 08 わんぱく 0D ようき 12 てれや 17 しんちょう
04 やんちゃ 09 のうてんき 0E むじゃき 13 うっかりや 18 きまぐれ

・マーキングでなつき度MAXコード(コード⑧)
223AEC38 733424FF

・出現ポケモン変更コード(アイテム調整版)(コード⑨)
22004000 88C04802
22004004 48017120
22004008 47708840
2200400C 0221DB7C
D21A0C3E 01002100
221A0C40 F9DEF663
D4000130 02400100
2221DB7C 02890032
2221DB80 00640035

※このコードをONにした状態でRボタンを押すと、バッグの回復アイテムリストの1番目が「ふしぎなアメ」649個に、2番目が「ポイントマックス」100個になる。次に、出現させたいポケモンの番号になるまで「ふしぎなアメ」を捨てて、出現させたいポケモンのレベルになるまで「ポイントマックス」を捨てる。そして、フィールド上でLボタンを押してから、草むらでエンカウントすると、指定したレベルの指定したポケモンが出現する。

 

~以下のコードは、コード①~⑨とはマスターコードが異なるので注意~
・マスターコード(M)
0000C7DC 4952444A
A4F1B71F 4BBDB141

・ハイリンクで仲間にできるポケモン追加コード(コード⑩)
74F31B17 2A005A6A
74F31B13 B458D10F
74F31B1F 4C094B08
74F31B1B 4E0902E4
74F31B07 603418E4
74F31B03 D10129C8
74F31B0F E0028832
74F31B0B D10129CA
74F31B37 526A8872
74F31B33 1C64BC58
74F31B3F 46C04770
74F31B3B 00%0nnnn <-%(性別):0(♂)、2(♀)、4(性別不明) nnnn:ポケモン表参照
74F31B27 00000kkk <-kkk(特別に覚えている技):技表参照
74F31B23 023AE9BC
84CDCCAB 05000061
44CDCCA9 00005A6A
44CDCCD7 00001C64
82C9F3A7 02400200
44CDCCA9 0000F36A
44CDCCD7 0000FD9F

※コード⑩の使い方について。
1.ハイリンクの森に仲間にできるポケモンがいない状態にする。
2.ハイリンクにワープし、Lボタンを押しながら森に入る。
3.指定したポケモンが森に出現していることを確認し、森から出る。
4.元の世界に戻り、レポートを書く。
5.もう一度ハイリンクの森に入って、ポケモンをゲットする。

 

初代ポケモン バグ技育成

印刷するコンテンツ1 概要1.1 育成工程1.1.1 所望のポケモンを捕まえる1.1.2 個体値・努力値調整1.1.3 アイテム増殖1.1.4 レベル・PP・技調整1.1.5 ポケモン増殖1.1.6 各個体調整 概要 ・ … 続きを読む

初代ポケモン ミュウツー軍団考察&ミュウツー軍団を倒せ!

印刷するコンテンツ1 ミュウツー軍団考察2 ミュウツー軍団を倒せ!2.1 概要2.2 ミュウツー軍団を倒せるパーティ考察2.2.1 ピンクの悪魔でPP合戦2.2.2 ギャロップでいちげき ひっさつ! ミュウツー軍団考察 … 続きを読む

ポケモン 第4世代最強育成

印刷するコンテンツ1 概要1.1 育成工程1.2 事前準備1.3 育成1.4 改造コード(ポケモンプラチナ) 概要 ・ポケモン第4世代(DPP、HGSS)での育成工程を記載する。 ・使用ソフトはポケモンプラチナとする。後 … 続きを読む

ポケモン 第4世代 Wifiバトルタワー

印刷するコンテンツ1 プラチナ時代(2008年)1.1 パーティ11.2 パーティ2(砂パ)1.3 パーティ3(トリックパーティ)1.4 パーティ4(雨パ)1.5 パーティ52 HGSS以降(2009年)2.1 パーティ … 続きを読む

ポケモン 第5世代最強育成

印刷するコンテンツ1 概要1.1 育成工程1.2 事前準備1.3 育成1.4 改造コード(ポケモンブラック2)1.5 改造コード(ポケモンホワイト2) 概要 ・ポケモン第5世代(BW、BW2)での育成工程を記載する。 ・ … 続きを読む

ポケモン 第5世代 Wifiバトルトレイン

印刷するコンテンツ1 基本事項2 BW時代(2010~2011年)2.1 パーティ1(雨パ1)2.2 パーティ2(晴れパ)2.3 パーティ3(天候ジャマー)2.4 パーティ4(トリックパーティ1)2.5 パーティ5(砂パ … 続きを読む

ポケモン 第6世代最強育成

印刷するコンテンツ1 概要1.1 育成工程1.2 事前準備1.3 育成2 改造コードを使ったポケモンの密輸について 概要 ・ポケモン第6世代(XY、ORAS)での育成工程を記載する。 ・使用ソフトはポケモンXYもしくはO … 続きを読む

ポケモン 第7世代最強育成

印刷するコンテンツ1 概要1.1 育成工程1.2 事前準備1.3 育成 概要 ・ポケモン第7世代(SM、USUM)での育成工程を記載する。 ・使用ソフトはポケモンUSUMとする。 ・育成時間を大幅短縮することを目的として … 続きを読む