2018年8月7日(火)


ツイン統計波

○保有銘柄
ソニー:6105L→
アサヒ:5088S→4935TS(+3.01%)
NTTドコモ:2930.5L→
堀場製:6820S→6920LC(-1.47%)

トレード数:8 利食い:4 勝率:50.00%
収支(7月):+9.66%(月率+4.83%)

○今日のエントリー
・代金1位:ソフトバンクG

・代金2位:JFEHD

※代金で見ると2位はパイオニアですが、3年分の検証によって200円未満の低位株はトータルでトントンになっているという統計が出ているため、200円未満の低位株には統計には記載・カウントしますが、代金1~2位の銘柄としてはカウントしないことにします。

※詳しくはこちらの記事を参照。
※ルールにも記載しました。

・統計残:16+4(再)+7(新規)=27

※売買ルールはこちら

※日経平均は上昇。上値抵抗線まで行くかどうか。

※自分史を検証することの利点はいくつかあるが、その中でも、1年毎の変化に着目して検証すること(時期の検証)の効果は絶大であると言える。例えば、今だったら、8月とか夏に絞って、人生の1年毎の変化を10年分検証してみる。2008年夏は→その1年後の2009年夏は?→2010年夏は?→2011年夏は?→……→2017年夏は?→今年は?という感じに、1年間の変化に着目して人生を検証してみる。範囲を広げて20年分(1998年夏~2018年夏)や30年分やっても構わない。これはやってみれば分かるが、人生が1年でどれだけ物凄い変化を遂げ続けているかが分かる。人生で奇跡が起きてないなんてのは単に気付いてないだけであって、人生では常に奇跡が起こっている。未来が不安だったり、希望が持てなかったりする場合に、この検証はおすすめしたい。この簡易バージョンとしては、直近3ヶ月以内にあった良かった・楽しかった出来事を数え上げればいい。人生で奇跡が起こってない、自分の人生では奇跡なんて起こらないというのは、単なる思い込みであり、人生についてネガティブな信念が形成されているだけである。既に奇跡は起こっていて、唯一無二の最高の人生を歩んでいる。ただそれに気付いてないだけ。そのようなネガティブな信念は、ポジティブな信念を機能させる行動(楽しかった出来事の感想を連呼するなど)を習慣化することによって機能停止させることが可能である。もっと正確に言うと、素晴らしい人生などというものはそもそも存在せず、信念が勝手に人生に色を付けて解釈しているだけ。「素晴らしい人生」だと解釈するか、「クソみたいな人生」だと解釈するか、どちらも人間が勝手に解釈している勘違いに過ぎない。「ゾーン」や「ゾーン最終章」に書かれている確率統計に基づく信念を機能させることに比べたら、人生に対するポジティブな信念を機能させることは圧倒的に簡単である。これを言い換えると、トレーダーに必要な思考を身に付けることに比べたら、幸せな人生を送ることは圧倒的に簡単であるということになる。幸せな人生を送りたいからトレードスキルを身に付けたいと思っているとしたら、それは簡単な目的を難しい手段で達成しようとしている。