2018年6月4日(月)


ツイン統計波

○保有銘柄
キヤノン:3752S→3730TS(+0.59%)
武田:4300S→4344LC(-1.02%)
資生堂:8499L→

トレード数:41 利食い:13 勝率:31.71%
収支(5月):-0.99%(月率-0.50%)

トレード数:2 利食い:0 勝率:0.00%
収支(6月):-1.02%(月率-0.51%)

※資金1000万円の場合は次の通り。

※今年の累計収支グラフは次の通り。

 

○今日のエントリー
・代金1位:任天堂

・代金2位:村田製作所

・統計残:5+0(再)+10(新規)=15

※売買ルールはこちら

※日経平均は全面高!だが、25MAまだ超えず。
※10%順行銘柄は古河電工が下げ止まらず。東海カーボンが今日+10%に到達。

※原典を読まないで騙されてしまうということでは、引き寄せの法則やスピリチュアルに関するビジネスでもそうだと思う。私は行ったことがないから分からないが、引き寄せセミナーの99%がぼったくりビジネスであると言っていい。そもそも、引き寄せの法則なんてのは、意図することと感謝することでしかないため、セミナーに行った所で一体何を教えてもらうのかと思うのだが……。願望がすぐに現実化する意図の仕方とか、願望がすぐに現実化する感謝の仕方とか、そんなもんあるわけがねえだろ!っていうようなことに騙されて搾取されてしまう人が少なくない。で、巧妙だと思うのが、「お金のブロック」というパワーワードだ。私は、この概念を作り出した人は商売の天才だと思う。「お金のブロック」なんて言葉は、引き寄せの法則の原典ともいえる「引き寄せの法則 エイブラハムとの対話」や「ザ・シークレット」では一言も出てきてないことなのに、さも原典で言ってるかのように思わせている。そして、「お金のブロックがあるから、セミナーやDVDを買わない云々~」と……。引き寄せの法則で「お金のブロック」なるものがあるとしたら、何か新しい体験が出来る機会だったり、楽しい体験が出来る機会を、「お金が勿体ない」という理由で逸してしまうことだろう。少なくとも、高額セミナーや高額DVDを買おうかどうか迷っているのは、「お金のブロック」ではない。願望を意図すると「マジかー!」っていう効果があるのは確かだから、引き寄せの法則の実践はおすすめしたい。現に、私もこの一年で、「2分の3成人式をやります」「トレードの大学院に入学します」と去年に意図していたことが、「マジかー!あり得ねえだろ!」という展開で実現してしまった。本当に、どんなにあり得ないことだろうと言っておくもんだろうと思う。ただ、引き寄せの法則は断じて聖杯ではなく、カネを投じるようなことではない。