2014年9月 トレード歴31ヶ月(引き寄せの法則、「ザ・シークレット」)


2014年9月

※2014年9月当時の売買日記を読みながら作成(図も当時のものをそのまま転載)。

〇9月1日
・化工機+13.22%。

※利益目標ラインはレンジの幅から601円。

 

〇9月3日
・化工機-5.66%の下落で、+6.81%保有。

 

〇9月4日
・化工機一時+9.19%まで上昇して一昨日の高値を抜くも、終値では変わらず。

※注:これは一昨日の高値を抜いた時点で決済しておくべきだったかと。東証一部の銘柄はそこまで大きく順行しない。10%行った時点で利食いがベター。最大でも15%程度。

 

〇9月5日
・化工機は-3.37%の下落で、+4.60%決済。

※注:利食いが遅くなってしまったなと。10~15%で利食いするのがベターだった。

 

~~

・5トレード2利食いでわずかにプラス。
※注:「トレードは投機運用ツールでいい」ということで、でかく取れそうなものだけ入っていけばいいという心理に。

 


引き寄せの法則

私は、2014年8月下旬から、それまでほぼ毎日聴いていた「地球が天国になる話」から、「ザ・シークレット」のDVDを毎日聴くようになりました(天国言葉は継続)。

2015年1月からは「ザ・シークレット」のDVDを聴くのをやめて、およそ半年間に渡って引き寄せの法則の実践・研究をしました(夜寝る前に意図して、メモ帳に記録を残しておいて、後から見直して検証するなど)。2015年7月からは、引き寄せの法則の実践・研究をやめて、引き寄せの法則で飯を食っている人のブログを大量に読みました。
※なお、当サイトでは、引き寄せの法則関連のいくつかの書籍とDVD「ザ・シークレット」は紹介しますが、それ以外の引き寄せ関連DVD、引き寄せ関連のあらゆるセミナーは推奨しません。特に、引き寄せ関連セミナーは一種の貧困ビジネスと化しているものが多く見受けられます。

引き寄せの法則とは何かを簡単に説明すると、「人生は全て自分の思考が現実化したものである」ということです。方法論に落とし込むと、ワクワクするような願望を意図したら(声に出しても、紙に書いても、ビジョンボードに貼っても)、意図したことを忘れて(執着しないように)、あとはワクワクすること・楽しいこと・良い気分になることをやり続けるということになります。

つまりは、楽しいことからしか、楽しい未来には繋がってないよということです。

それで、この具体例として、かつて私が体験したエピソードを書いておきたいと思います。

 

~コンテンツ制作編~

私は、大学時代には、「コンテンツを作りたい」ということをただ漠然と思っていました。大学1年の冬に出会った人生のお師匠様がクリエイターで、人生で初めて、「この人みたいになりたい!」「この人みたいにコンテンツを作りたい!」と思ったからです。

ただ、コンテンツで飯を食うために全く何のスキルを磨くこともなく、そもそも、どんなコンテンツを作りたいのかも、それがゲームなのかテレビなのか音楽なのかすらも決まってなかったのです。ただただ、憧れの人のようにコンテンツを作りたいとしか思っていなかった。

プログラミングが楽しくなく、その逃避として、「大学を卒業したら、(憧れの人のように)コンテンツを作る楽しい日々が待ってるのだ」と全く何のあてもなく思い込んでいたのです。ただ、こうやって逃避して考えている時間は最高にワクワクして楽しかった……。

コンテンツ制作で飯を食うために何か努力するということも全くなく、成功本に嵌まったり、パワポケ・ポケモンで遊んでいたりしていただけでした。これらのことは私にとって、ワクワクして楽しいことだったのです。

就活も含めてコンテンツ制作に関することは何もかも全て先送りしていました。なぜなら、楽しくないからです。

それでどうなったかというと、今現在、コンテンツ制作は私のライフスタイルの一部になっています。トレーダーになる大きな一因にもなり、ストレス解消手段としてもなくてはならないものになりました。

大学時代には楽しいことしかせず、楽しくないこと(コンテンツ制作をするためにはやらなければいけないと思ったけど、楽しくないから続かなかったこと)は全て先送りしてきたにも関わらず、「大学を卒業したら、コンテンツを作る楽しい日々が待ってるのだ」と全く何のあてもなく思い込んでいたことが本当に現実化してしまったのです(ただ、コンテンツで飯を食うとはなりませんでしたが)。

 

~仕事編~

私は、就活はほとんどやりませんでした。私にとって、就活はこの世で最も楽しくない活動の一つだったのです。まあ、そのために既卒という地獄も体験しましたが、なんかよく分からない内に、トレーダーという道に進んでいました。
※ただ、既卒を体験したお陰で、資金管理とロスカットは最初から絶対厳守されたわけです。もしも既卒時代の地獄を体験してなかったら、資金管理とロスカットが最初から厳守されることは絶対になかったと断言します。

特に意図したわけではないのに、いつの間にか、自分にとって一番適性がありそうな道に辿り着いていたのです。

トレーダーは、大学のゼミでやってきたような経済や数字を使い、ポケモンやパワポケで培ってきた確率統計を最大限使い、メンタルには大学時代に嵌まっていた成功本が役に立つという。楽しくてやってきたこと全てが線になった道。冷静に考えてみると、あり得んだろと……。

楽しくなかった就活を一生懸命やっていても、絶対に辿り着けなかったであろう道に、いつの間にか気付いたら進んでいたのです。

大学時代には、コンピュータもプログラミングも数学も回路もそこに楽しさを全く見出だせなかったのに、ゼミで勉強した「経済性工学」は楽しかった。トレードはまるでその続きのようで、結果が出ないのは苦しかったが、楽しかった。

TOEICも他学部大学院の試験対策も資格勉強も就活の対策も、どれも検討したことはあったけど、どれも楽しくなくて続かなかった。TOEICだけは何とか続けた時期があったけど、やはり続かなかった。ただ、TOEICを受けに行く電車の中で読んだ「ザ・シークレット」は、私を成功本の世界へと引きずり込んだ。

既卒になってから焦って楽しくない就活をしたことが何回かあったが、その結果は……。その一方で、2012年の春にゲームの資料を楽しく作っていたら、「これ、ゲームの資料みたいに、Wordで売買日記を書くようにすれば、株も続くようになるんじゃねえのか?」と。

~~

日本で最も読まれているであろう自分史の書き方を作っただけあって、私は暇さえあれば自分史の検証をしています。これが楽しくて仕方ないんです。

で、自分史を検証していて明らかなのは、「人生を切り開いてきたことは、楽しくてやっていたことだけ」というものです。

逆に、「やらなければいけないと思っているんだけど、楽しくないこと」が、成果に繋がった試しはほとんどない。と言うか、全くない。

引き寄せの法則でも他の自己啓発本でも、”楽しいことだけやれ!”と書かれていることが多いです。でもこれって、「楽しいことだけやる」=精神的に楽であると勘違いされてることが多いです。「楽しいことだけやる」というのは、決して精神的に楽なことではないです。

でも、それがどんだけ社会的に非常識な行動だろうと、結局、楽しいことからしか繋がってないんですよねえ……。

今楽しくないことをやって、将来に楽しいことの貯金を作っておくことは出来ない。楽しくないことから繋がってるのは楽しくないことだけ。楽しいことからしか楽しいことには繋がっていない。

 

 

書評:「ザ・シークレット」

引き寄せの法則の存在を広めた世界的ベストセラーです。

本だけでなく、DVDもおすすめします。というか、DVDの方をおすすめします。
※以下の引用は全てDVDから。

「不満を抱いている物事を含めて、今あなたの周りにあるものは全て、あなたが引き寄せたのです。もちろん、こんなことは言われたくないでしょうから、「冗談じゃない」とすぐに反論するでしょう。「交通事故なんて引き寄せてない」「こんな口うるさい依頼人を私が?」「借金を引き寄せるわけがない」「自分から不満なんて引き寄せていない」とね。でも、それでも敢えて言いましょう。あなたが引き寄せたのです。これは確かに、受け入れがたい考え方です。でも、一度受け入れたら、人生が変わるのです。これは偉大なシークレットの一部です」

 

この考え方が、引き寄せの法則の要旨だと思います。

 

「本当に欲しいものは何か、それを紙に書き出してみるのです。しかも、現在形で。まず、今はこれこれのお蔭で幸せで感謝していますと書いたあと、人生をどうしたいか、分野ごとに説明します」

 

引き寄せの法則の実践について。なお、なぜ願望を現在形で書くのかというと、潜在意識には時間が流れておらず「過去」「現在」「未来」の区別が出来ないからです(「心のブレーキの外し方」参照)。例えば、潜在意識に「カネ持ちになりたい」という願望を落とし込むと、「カネ持ちになりたい」と思っている未来が引き寄せられてしまうと。

 

「多くの人が、本当に欲しいものを欲しがろうとしないのは、どのように現れるか見えないからです」

「少し調べてみると分かります。何かを達成した人は、どう達成したかを知っていたわけではありません。知っていたのはただ、達成するということだけです」

「願いがどのように現実になるか、宇宙がどう動くかを知る必要はありません」

「過程を知らなくても、願いは現れます。あなたが引き寄せるのです」

「「どのように?」は気にしなくていいんです。何への思いの強さや信念から、「どのように」が現れます」

「「どのように?」は宇宙の領域にあり、自分と自分の夢との間で、最も短く早く調和を取る方法を知っています」

 

ただ結果だけを、夢を叶えた自分を、欲しいものを手に入れて楽しんでいる自分をワクワクして想像することが大事ということです。このことは、今の自分からしたらそうなれるはずがない、手に入れられるはずがないとしても、夢を叶えている自分が未来にいると信じて努力を続ける希望になります。

 

「時に、行動が必要とされることがあります。そのとき、もし宇宙の行動と同調していれば、喜びを感じるはずです。充実した時間を過ごすのです」

「宇宙はスピードが好きです。遅れたり、後で文句を言ったり、疑ってはいけません。チャンスが来て、衝動を感じて、身体の内側から自然に湧き起こる直感にピンと来たら、行動です。それがあなたの仕事です。それだけでいいのです」

「良かったのは、“ひらめいたらそれを信じて行動せよ”を実行したことです」

 

引き寄せの法則では行動についてこのように言っています。ただ闇雲に行動すればいいというのではなく、閃いて良い気分になったら行動すべきであると。楽しくないワクワクしない行動は結果に繋がっていない。

 

「自分が今持っているものに感謝するようになると、すぐに良いことや感謝すべきことをたくさん引き寄せ始めるでしょう。もしかして、最低の車、嫌な家、病気が治らない、駄目な夫と、不満ばかり言っていませんか?そうでなく、自分が持っているものに感謝するのです。例えば、この映像を見るための目を持っていることや、持っている服でもいいです。もし、今持っているものに感謝をすれば、すぐに新しいものが手に入るでしょう」

 

感謝の気持ちを形にすることは、最も確実な方法です。感謝の持つパワーって凄まじいです。

 

「引き寄せを実際に生み出すのは感情です。イメージや思考ではありません。多くの人々が、前向きに考えればいいとか、欲しいものを持っていると想像すれば十分だと思っています。でも、そういうことをしていながらも、嬉しいとか楽しいとかいう気分を感じていなければ、引き寄せの力を生み出しているとは言えません」

 

これは引き寄せの法則を実践・検証すると強く実感するんですが、引き寄せの法則で人生に引き寄せるものは想像したものそのものではなく、それを想像したときに感じる感情です。想像したときに感じた感情を現実で体験出来る何かを引き寄せます。だから、別に特別欲しくもなく感情の高ぶりも起こらないのに、欠乏感から逃れたいがために想像したりビジョンボードを作ったりしても、何の効果もありません。
※例えば、貧乏が嫌だからという理由で、豪邸や高級車をイメージしても、その豪邸や高級車にワクワクしなければ効果がない。

引き寄せの法則を方法論に落とし込んだときのゴールは、「良い気分でいること」「意図して自分を良い気分にすること」になります。「良い気分」でいれば、「良い気分」を感じる体験を更に引き寄せることになるため、「今、良い気分でいること」がゴールです。

 

「借金返済の目標を持っていても、借金からは逃れられません。考えていることを引き寄せるからです。借金から抜け出したくても、そのことを考えている限り、借金が引き寄せられます。借金自動返済計画を立てて、成功を願ってください」

 

問題にフォーカスするのではなく、解決策にフォーカスすべしということです。問題にフォーカスすると嫌な気分になってきますが、解決策にフォーカスすると良い気分になってくるのでそれで分かります。